在宅勤務のプログラマーの収入について

プログラマーとして経験を積むと、独立するケースが増えてきます。これは同じ業務をこなしていても、会社を通して得られる報酬とフリーランスとしての報酬は大きく異なるからです。また技術力に自信があれば多くの仕事を獲得することも可能ですし、その分収入も大きく増えます。アンケートによる調査では、フリーランスとして働く人の収入で最も多いのは400万円未満ですが、1000万円を超える人も5%以上います。もちろんそれなりの苦労はありますし、また大切な心構えもあります。

まず知っておきたいことは、在宅勤務で行う案件は納品して検品が済むことにより、初めて報酬を得るものです。その開発期間中は収入が無いので、独立する際にはある程度の蓄えが必要です。また、複数の案件を同時に進行させることで報酬を得る時期をずらす工夫も大事です。そしてプログラマーとしての技術力に自信を持つが故に独立して在宅勤務という形を取るわけですが、最も必要とするのは信頼度です。

クライアントが安心して仕事を依頼できるためには、実績を積むことと信用を得ることが必要です。その点を踏まえて営業活動にも力を入れることが大切です。このような心構えを持った上で在宅勤務に切り替えるわけです。当面は本業を続けながら副業として仕事を受注するのが良いでしょう。そこでクライアントを増やしながら受注を増やして独立するのがベストです。また常に新しい技術をチェックし、要望によっては対応することも必要です。在宅プログラマをこれから目指す人はまず、こちらのサイトで事前情報を収集してみてはいかがでしょうか?【http://homeprogrammer-support.com/